タダより高いものはない?

スポンサーリンク

 

友人に「お金出せないけど引き受けてもらえない?」
と頼まれた、講師ボランティア。

里親家庭や養護施設で育ち、
この春、社会人になる方のための講座です。

友人は司法書士ですが、
諸事情により里親家庭や養護施設で育った方が、
高校生まではそれなりの支援を受けられても、
いざ社会人になってお給料をもらう立場になると、
突然「社会人でしょ?大人でしょ?」という扱いになってしまい、
その中間を埋める仕組みが何もないことを憂い、
そういった支援団体をNPOとして立ち上げたばかりでした。

「そういったことなら」と、二つ返事で引き受けたのはよいのですが、
うちのダンナさんは、そういうのにあまりいい顔しないんですよね。

「そんな、一銭にもならないことを、
この忙しい時期になぜ引き受けるのだ?」

確かにそれも一理あるのですが、
普段からお世話になっている友人でもあり、
こういうときにこそお手伝いをして、
お返しをしたい気持ちもあって快諾しました。

そしたらね。

なんと、その講座には新聞の取材が二社入って、
当日の様子が新聞記事になったんです。

こういったらなんですが、
本音で言ってこれはとてもおいしいです。

世の中には講師を名乗って仕事している人は、
掃いて捨てるほどいるし、
そういった人達のセミナーや勉強会が、
新聞記事に載ることなんて、通常はないですからね。

しかも、見学しに来ていた大学の先生からも、
「うちの大学でもそのうちお願いしたい」というオファーがあり、
無料のお仕事ではありましたが、
私としては、営業的にも非常に価値ある時間となりました。

タダほど高いものはない、と言いますが、
「無料でもピュアな気持ちでお引き受けする」ことで、
意外なメリットを享受することがあるんだな、と思いました。

 

 

 

スポンサーリンク



↓↓↓ぜひ投票をお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ アラ還女性日記へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です