「ご無理をお願いして」と言われたら

スポンサーリンク



スポンサーリンク

 

先週の木曜日は、設備業の協力会行事で講演。

会を主催する設備会社の社長さんからの直接のオーダーですが、
彼が開会の挨拶の時に、
「大変ご多忙な先生でして、今回はご無理をお願いして来ていただきました」
と、言ったんですよね。

ま、いわゆる、リップサービスですね。
実際にそのときは、本当に忙しい合間を縫ってのお仕事だったのですが、
だからと言って皆さんがイメージするような売れっ子でもないので、
思わず講演の冒頭で、「そんなに忙しいというわけでもありませんが(笑)」
と、話しましたが、あとで、おい、ちょっと待てよ、と。

考えてみたらあれは、私へのリップサービスもさることながら、
「そんな多忙な講師を俺のチカラで呼んだんだぜ?」という、
参加者への誇示の意味合いもあったのかな?

そんな考えが浮かんで、即座に否定してしまったことを、
申し訳なく思いました。
社長のプライドを大事に尊重してあげるならば、
「尊敬する〇〇社長のご依頼ですので今回は喜んで駆けつけました」
とでも言っておけば、株が上がったかもしれないよね。
それが今回の反省です。
「〇〇社長のご依頼とあらば」といういい方でもよかったし、
「昨年お世話になった皆さんとまたお会いしたくて」でもいいですよね。

この社長とのご縁の経緯がなかなか面白くて、
私が所属する勉強会で年に一度、
仲間内ではそこそこ知れている講師を呼んで、
講演会をやるのですが、その集客のために、
知人の社労士にチラシの同梱を頼んだのがきっかけです。

知人の社労士事務所では顧客や見込み客に向けて、
毎月ニュースレターを発送しているので、
それに「私達が主催する講演会のチラシも同封してもらえないか?」
とお願いしたわけです。

それを見て知人の社労士に連絡してきたのが今回の社長ですが、
元々はその講演会の講師(少々著名)を弊社に呼べないか?というご相談でした。

で、知人の社労士はそこそこ詳しい人なので、
「このクラスの講師を呼ぶには思った以上の予算がかかる、
同じ内容を希望するなら、このチラシの同封を頼んできた、
Futomeさん(私)がいいのでは?」と、私を紹介してくれたんです。

そこでご縁がつながって、
私はその会社の昨年の協力会講演を依頼されたのですが、
それが好評だったのか、「今年も」というお話になったわけです。

ですがそのオファーも、元々は、
「弊社の社員を研修してもらえないか?」という連絡を受けて、
打合せでご訪問したときに、ふと「そういえば・・・」
という流れで依頼されたものでした。

社員教育のほうは来年からスタートすることになりましたが、
講演会は先日無事終了し、内容もご好評で、
この会社さんとは新しいご縁が結ばれた気がします。

 

 

 

スポンサーリンク



↓↓↓ぜひ投票をお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ アラ還女性日記へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です