今朝のあさイチ「おしっこ臭さ」に思い当たること

今日(2018年2月19日)のNHK「あさイチ」はオリンピック放送のためか、
生放送ではなく過去の人気編の再構成ということで、
本日は「あさイチ「すべて性ホルモンのせいだった!~女性ホルモン編~
というのを今も階下のTVでやっております。

 

私はパソコン仕事があるので
早々に二階の自室に上がってきましたが、
”尿漏れとおしっこ臭さ”に関しては
思い当たりますねぇ・・・

 

トイレでの拭き方が、紙を動かさずに
「当ててじっとする」というのも、
個人的にメチャメチャ納得です。

 

私の場合は吹いて立ち上がって下着を上げた時、
下着がこすれる太もものあたりが、
チラッと冷たくて水滴が付いているような
感覚をいつも感じていたのがそれ。

 

どんなにちゃんと吹いても、
下着を上げた時に、
太ももにおしっこの水滴が付いている気がするので、
変だなと思っていたんですが、
個人的に尿漏れではないとは思っていました。

 

で、自分なりによく考えた結果、
やっぱり吹き残しでは?
という結論になったわけです。

 

というのも、お風呂で気が付いたんですけど、
あそこを洗う時に、
やっぱり若い頃とは違うんですよ。

 

加齢のせいか、お肉がふにゃふにゃ柔らかいし(笑)、
あと、若い頃よりも太っているので、
お肉がこんもりしていて、尿道付近が、
結果的に深く埋もれてしまっているというか。

 

番組では女性ホルモンが減ると、
そのあたりの粘液が少なくなって、
(確か)おしっこが付着しやすい(曖昧?)とか、
膣に入りやすいとか言っていた気がしますが、
もちろん、それもあると思います。

 

そういった複合的な理由で、
吹いても拭き取れないおしっこの水滴が、
弾力のなくなったピラピラの間とか奥とかに、
入り込んで残っているんでしょうねきっと。
それが足を閉じてパンティを吐くときに、
どこかから太ももに垂れてくるんですね。

 

だからまず、おしっこをするときに、
余計なところに付かないように、
足をきちんと開いてするようになったし、
あと、その後少しやせたので、
そうしたら、自然に解消しました。

 

私の場合は、太ったことが一番の原因だったのかな。

 

でもそういうわけなので、
洋式トイレでも、
「開脚で前のめりに用を足す」というのは、
すごく納得するし、本当に効果があると思います。

 

そして効果的な吹き方は、
押して当ててじっとすること。
紙を動かさずに押当ててじっとして吸わせる。
わかるわぁ、それ、すごくわかります。
考えたら自分も自然に実践していました。

 

 

 



↓↓↓ぜひ投票をお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ アラ還女性日記へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください